引っ越し作業中

検証ほつまつたゑ130号 NAVI旅04

検証ほつまつたゑ130号NAVI旅04伊雑宮検証ほつまつたゑ

NAVI旅

ホツマツタヱの研究同人誌・
『検証ほつまつたゑ よみがえる縄文叙事詩』にて

NAVI旅 ~ホツマツタヱの聖地めぐり~
をはじめました。

ホツマツタヱに描かれている
聖地をめぐりながら

その地にまつわる記述や伝承を
紹介してゆくコーナーです。

検証ほつまつたゑ130号NAVI旅04伊雑宮

ホツマツタヱの聖地めぐり

検証ほつまつたゑ130号NAVI旅04日本地図
検証ほつまつたゑ130号NAVI旅04伊雑宮の地図
伊雑宮
伊雑宮
佐美長神社
佐美長神社
ファイルナンバー04

伊雑宮

内宮(皇大神宮)の別宮
伊雑宮いざわのみや

天照大神が住まわれた
宮居跡といわれています。

伊勢の内宮からは
すこし離れているため

天照大神の遥宮とおのみや
とも称えられるようです。

天照大神ははじめ
富士山麓にヤスクニ宮を築いて
都をひらいたそうです。

のちに、伊勢に
イサワ(伊雑)の宮
を築いて遷座したといいます。

伊勢いせ」は
妹背いもをせ[夫婦]」からきている
というように

遷座には
后・瀬織津姫と御子をもうけたい
という願いもあったようです。

天照大神が全盛期を過ごした宮であり
天照大神の代名詞ともいえる宮です。

ただ、
イサワの宮がどこにあったのかは
諸説あるらしく

当地はあくまで
候補地のひとつであるようです。

田植祭の
磯部いそべ御神田おみた
では虫除けを祈願して

巨大な団扇を取り合ったり
さわ餅をふるまうといいます。

チェックポイント

上之郷の石神

伊雑宮の
300m北にある磐座遺跡・
上之郷かみのごう石神いしがみです。

あたりにはかつて、
素戔嗚尊を祀る宮があったらしく

天照大神の妃である
モチコ・ハヤコ姉妹も暮らした
北の局の跡地なのかもしれません。

ちかくには、
倭姫命の旧跡地(千田寺跡)もあり
伊雑宮との縁も深いようです。

倭姫命の史跡
倭姫命の遺跡

佐美長神社

伊雑宮の所管社・
佐美長さみなが神社です。

穂落宮ほおとしのみやともいわれ
伊雑宮の南側にあることから

天照大神の后・瀬織津姫もいた
南の局の跡地かもしれません。

鸚鵡岩

和合山の中腹にある
史跡・鸚鵡岩おうむいわです。

ここを、
天岩戸の聖地とする
見方もあるようです。

鸚鵡岩

(おわり)

購読のご案内

『検証ほつまつたゑ』に
ご興味のあるかたは

こちらのリンクから
ご購読をお申込みください。

本誌購読申込み&お問い合わせ

隔月一回・偶数月発行で
価格はバックナンバーも含んで
1冊500円(送料・消費税込)

年間購読(6冊)および、
バックナンバーも6冊ごとに
3,000円(送料・消費税込)
となっております。

さらに、
バックナンバーをすべて閲覧できる
ネット購読もあります。

ホツマ出版会 宝蔵文庫 – 日本で唯一のヲシテ文献研究同人誌

ネット閲覧のみの準会員は
年間利用料3,000円

ネット閲覧と
本誌を郵送あわせた正会員は
年間利用料5,000円
となっております。

どちらも、詳しくは
上記のリンクからお問合せくださいませ。

NAVI旅05 へ

掲載記事紹介

NAVI旅
『検証ほつまつたゑ』掲載の 「NAVI旅 ~ホツマツタヱの聖地めぐり~」では ホツマツタヱに登場する聖地を 実際にめぐった記事をまとめています。

次号

検証ほつまつたゑ131号 へ つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました